自分たちだけのオリジナルユニフォームをつくれるショップを比較

HOME » サッカーユニフォームのオーダー手順 » オーダーの流れ

オーダーの流れ

このページでは、サッカーユニフォームをオーダーでつくる方法を順に紹介していきます。

基本的には注文書の作成からはじまり、デザインを決め、デザイン決定後、正式な見積作成となります。見積内容でOKであれば、正式発注になります。その後は工場で製作し、いよいよユニフォームの引き渡しです。

お店で頼むか。ネットで頼むか

いざユニフォームをオーダーしようと思っても、「実店舗での注文がいいのか」、それとも「ネットでの注文がいいのか」と、迷う方も少なくないと思います。かくいう僕もそうでした。ユニフォームを決めるときって、着心地や微妙な色はどうなのか、という点が気になりますよね?

店舗であれば対面で対応してもらえるので、実際のユニフォームを手にしながら、デザインの色などを確認できることが大きなメリットかもしれません。でも、お店の営業時間に足を運べる人に限られますし、「そもそも、近くにオーダーを取り扱っているお店がない!」という人には物理的に無理な方法となってしまいます。

最近の通販サイトやネット店舗では、ユニフォームの実物や、縮小したデザインをプリントしたサンプルを送ってくれる業者も増えてきています。ですから、すぐ近くにお店がある人はそちらを利用すればいいですし、「出かけるのが面倒」「近くにお店がない」、または僕のように「あせらず、じっくり考えながら決めたい」という人は、手軽な通販サイトを利用すればいいと思いますよ。

ユニフォームオーダーの手順

それでは、オーダーの流れについて細かく見ていきましょう。

注文書の作成

まずは、注文書を作成します。「チーム名」「代表者(申込者)名」と代表者の「住所」「連絡先」などを記入します。あわせて、これまでのデザインサンプルを確認しながら、オリジナルのデザインにするのか、テンプレートを使用したデザインにするのか、はたまた既存チームのレプリカにするのかを決めます。

見積り

デザインが決まったら、見積もりの作成に入ります。とくにマーキングについては、文字数や個数、マーク箇所、大きさや素材によって料金が変わってくる場合もあります。しっかり確認して、デザイン案を決めましょう。また、「この素材、このデザインのマーキングなら、マーク代はサービスします」といったお店もあるので、要チェックです。

また、最近では預かり金を納めれば、ユニフォームのサンプルを貸出してもらえるところもあります。デザインやサイズを実際に着用して確認したい場合は、利用してみるといいでですよ。

発注

見積もり内容に納得し、サッカーユニフォームのデザインが正式に決まれば、発注します。ショップから発注書が届くので、指示にしたがって記入します。

マーキングを入れる場合、選手名、背番号などが入るので、「番号はあっているか」「アルファベット表記はただしいか」など、丁寧にしっかり確認しながら記入していくことが大切です。発注書を記入後、発注書をお店に送って確認が取れ次第、工場での製作に入ります。

ユニフォームの引渡し

ユニフォームの注文が確定してから、工場などでプリント、裁断、縫い合せをして、だいたい約2~4週間後に引き渡しということになります。

このような大まかな流れで進行していきますが、お店ごとに異なる点もあるので、ちゃんと確認しながらつくりましょう。くれぐれも、「こんなんじゃなかった~!!」とならないよう、重々お気をつけくださいね。