自分たちだけのオリジナルユニフォームをつくれるショップを比較

HOME » 個性あふれるサッカーユニフォームをつくるポイント » 素材

素材

サッカーユニフォームの素材表記を見ると、間違いなく「ポリエステル100%」と書いてあります。そして、この「素材名」に対して「生地名」というものがありますが、これはメーカーが独自に開発した名称や商品名です。

たとえば、アディダスが開発した「Fabric-X」「CLIMACOOL」「CLIMALITE」などは、生地名となります。ここでは、アディダスが開発した新素材について説明しながら、ユニフォームの素材や生地について紹介したいと思います。

最新テクノロジー素材を調査する!

●Fabric-X:ファブリック・エックス

サッカー日本代表のユニフォームにも採用されているFabric-Xは、アディダスが開発した超軽量素材。超軽量でありながら、給水ポンプのように肌面から汗を瞬時に吸い上げて生地表面へと高速で拡散するように開発されています。肌に対して、面での接触ではなく点で接触するので、サラッとした感触が維持されるよう設計してあります。

●CLIMACOOL:クライマクール

CLIMACOOLは優れた換気と除湿の機能を持っており、素早い通気性と速乾性により、汗や湿気を素早く放出し、体温の上昇を防ぐようになっています。また、試合中も快適な状態を維持するために、ウェア内に風を送り、エネルギーを消耗させる余分な熱と汗を、ウェア外へ強制的に排出するしくみとなっています。

●CLIMALITE:クライマライト

肌から汗を吸い取って、ドライで快適な状態を維持してくれる素材で、通気性がよく、汗や湿気を外に拡散する機能となっています。速乾性、吸汗性、透湿性を備えているので、汗を素早く吸収して外気に放散してくれます。
おもにレプリカのユニフォームに採用されています。

ハイテク素材は意外ともろい?

このように、新しいテクノロジーによって、ユニフォームの機能が格段に向上ています(僕も調べてはじめて知ったことばかりですが…)。

Fabric-XやCLIMACOOLは、実際に選手が着用するユニフォーム(オーセンティック、というやつです)には採用されていますが、一部を除きレプリカには採用されていません。なぜなら、これらの最新機能を採用したユニフォームは値段が非常に高くなってしまうからです。

実際に選手が着用するユニフォームが市場に出回った場合、1着30,000円~50,000円以上するといわれています。もちろん機能性は最高ですが、何十回と着用することを考えていませんので、耐久性はかなり低いものとなっているようです。

高い身体能力を発揮させるためのアイテムとして開発された背景を考えれば当然のことですが、さすがに数十回の着用しかもたない耐久性では、僕たちには意味がありませんよね。

また、実際の試合では、引っ張り合いや摩擦による破損も考えれます。ですので、素材と値段は自分たちの環境にあったものを選ぶほうがいいと思いますよ。